タカヒロ_(hiro)
タカヒロ_(hiro)

タカヒロ_(hiro)です。

顔は人と会うと必ず合わせる部分で面積も広い部位なんで、顔全体がテカるというのはほんとに目立ちますし、テカリがおきると悩んでしまいやすくなります。

僕も一般的な人と比べると顔がめちゃくちゃテカリやすいほうで、いままで何回も「顔がテカってる」と言われたことがあります。

正直言うと僕は元々ほとんど気にしてなくて、人から言われても特段意識してしまうようなことはなかったんですが、あるタイミングから顔にニキビができたりすることが増えて、顔周りのケアをいままで以上に意識するようになった頃あたりから顔のテカリも気になるようになって悩むようになりました。

そんな顔のテカリですが、僕と同じようにテカりやすくて悩んでしまっている人も割と多いと思うんで、今回はなんでテカってしまうのかの原因と、テカリを防止、改善していくためのおすすめな方法も紹介しようと思います。

顔のテカリの原因は大きく2つ

顔のテカリは最初にも言ったようにめちゃくちゃ目立ちますし、周りの人にほんとにわかりやすいです。

実際によく顔がテカリやすい人ならわかると思いますが、普通にテカっていることを周りの人に指摘されたことは多少なりともあると思います。

今後言われないようにするには、どうしても顔のテカリを防止したり、改善する必要があるんですが、そのためにもまずは顔のテカリがなんでおきてしまうのか、原因を知っておくことも大切です。

1. 乾燥して皮脂の分泌量が増える

皮脂は人の肌にはある程度、潤いのためにも必要ではあるんですが、この皮脂を洗顔のやりすぎや元々乾燥しやすいタイプの人だと乾燥状態を防御するために皮脂が分泌される機能が働くようになってるんです。

僕は洗顔はやっても1日2回なんで、特にやりすぎてテカリが出てくる感じではなくて、元々肌が乾燥しやすいタイプで、それが大きく関係して皮脂が過剰に分泌されやすくなるようになっている感じでした。

洗顔後は誰でもだいたい顔の油分は少なくなっている状態になっていますが、僕の場合は洗顔後はかなり乾燥してつっぱった感覚の肌になるんですよね。

なので、その分皮脂が乾燥状態を防ぐために過剰に分泌されてきてテカるということになってしまうことにも繋がるんですが、化粧水での保湿と、保湿された状態で乳液を使用して蓋をすることも大切です。

2. 皮脂が分泌されやすい食事をしている

2つ目に顔がテカる大きな原因にもなりやすくなるのが、皮脂が分泌されやすい脂の多い食事をしていることもあり、それもテカリに大きく関係してきます。

これまた、僕は脂の多い料理もかなり好きなほうなんで、けっこう脂まみれの料理をよく食べていたんですが、人生の中でも特に脂まみれの料理ばかりを日々食べていた時期はダントツで顔のテカ具合がすごかったです。

やっぱり、顔のテカリは皮脂の過剰分泌からきていることがベースにあるんで、外部から取り入れる脂の量が多いのも肌から出てくる皮脂量増加にも繋がってしまうんだなというのをかなり経験してわかりました。

脂の多い料理はどうしても美味しい物が多いんですが、テカリがひどり人や悩んでいる人はテカリの強調にも繋がるということを意識して、うまく調整しながら日々の食事を考えていったほうが良いです。

顔のテカリを防止するおすすめなスキンケア方法

ここまでは顔のテカリがおきてしまう原因について大きく2つ紹介をしてきましたが、原因を知って少しでもテカリの元となる行為を避けつつ、更にテカリを防止、改善することもやっぱり大切です。

なので、脂まみれの料理を控えつつ、洗顔をしすぎたり、過度な乾燥状態を作らないように最低限していきながら、そうしたベースの整った状態で更に顔のテカリに対して追い打ちをかけるおすすめなスキンケア方法を紹介します。

テカリのビフォー・アフターは若干、伝えるのが難しいんで僕の顔の中でも脂が出ている状態が分かりやすい鼻のテカっている状態お見せします。

次に脂によるテカリを改善した状態です。

やっぱり、テカリにも根本的に皮脂が分泌されて出てくる毛穴に対するケアが重要だと実感したんですが、この顔や鼻のテカリの防止、改善のために使用しているスキンケア商品がDUOクレンジングバームという商品です。

ちなみに脂によるテカリを防止、改善する上で僕的に他にも試していくつか効果を実感できた商品はありました。

元をたどると顔のテカリは生まれつきなっていることもないと思いますし、きちんとケアをすると防止や改善はしていけることが分かったんで、テカリで悩んでいる人はこういうスキンケア商品も合わせて試してみる価値は全然あると思います。

おすすめの記事