タカヒロ_(hiro)
タカヒロ_(hiro)

タカヒロ_(hiro)です。

ダイエットをしていく方法やサポートとなるような物はいろいろあります。

そんな中で、これからダイエットしていきたいって思っている人だと、ダイエット方法とかよく分からないし、まずは日頃の食事を改善していこう、なんて考え始める人がかなり多いと思います。

確かに、毎日の食事を意識して変えていくとダイエットって面で言うと、かなり直接的な結果に繋がりやすい内容になってきます。

とはいえ、実際にそのダイエットにいい食べ物だったり飲み物だったりはどんな物がいいのか分からないってことにぶち当たると思います。

僕もダイエットは数キロから数十キロ程度の大幅のものまで、実践していたりするんですが、そのダイエット時期で僕自身も意識していろんな食べ物、飲み物の成分を見たり、実際に口にしたりしていく中で、ダイエットにいい食べ物、飲み物の特徴のようなことがあるなって感じました。

なんで、今回はこれからダイエットをしようと思ってる人で、まずは日頃の食事を改めて行く中でどういう食べ物、飲み物がいいのかわからないってことについて、選ぶ時の特徴を紹介していきます。

ダイエットにいい食べ物・飲み物はどんな物?

早速、ダイエットにいい食べ物、飲み物はどういった物なのか、実際に僕がダイエットを実践して痩せていった経験を踏まえて、その特徴について話していきます。

ダイエットに効果的な食べ物の特徴

まずはダイエットにいい食べ物ですが、その特徴は「低カロリー、高タンパク質」の食べ物です。

カロリーは摂りすぎると太るから低いほうがいいってことは聞くことはあるって人も多いと思いますが、カロリーだけ意識しても意外と痩せないというか、痩せても、その後にどんどん痩せにく体に仕上がっていく可能性が高まったりするんです。

というのも、単純に糖質や脂質、タンパク質だったりのカロリーだけ低い食べ物を毎日食べてると、確かにそれはそれで痩せていくってことには繋がるんですが、痩せた後の体は脂肪以外にも筋肉もごっそり無くなっていたりします。

で、痩せるのと一緒に筋肉が無くなっていくと、仮にまた少し体重が増えてしまったり、更にダイエットをしようと思い始めて実践してみると、なぜか思うように痩せていかない、なんて現象が起きてしまうようなこともでてきます。

理由としては、筋肉は人の体温維持を上昇させることだったり、代謝をよくしたりするようなことも期待が持てる組織なので、その筋肉が無くなることで、痩せるために重要になるエネルギー代謝が低下してしまって、どんどん痩せにくい体になっていくってことになるんです。

それでもって、その筋肉はタンパク質が主に構築材料になってるってことから、ダイエットにいい食べ物の特徴として、「低カロリー」であることと、筋肉量を維持しつつ痩せていくための「高タンパク質」ってことが特徴になるってことが言えるんです。

ダイエットに効果的な飲み物の特徴

次にダイエットにいい飲み物の特徴について話します。

その特徴としては、「脂肪燃焼促進、便秘改善効果」の期待がしやすい成分が含まれるような飲み物がダイエットを行っていく中で、痩せるってことに繋がりやすい飲み物の条件、特徴だと言えます。

実際の飲み物の例で言うと、脂肪燃焼効促進への期待は「コーヒー」のカフェインによる脂肪燃焼促進への期待、「炭酸水」による腸の活性化での便泌改善への期待、「野菜ジュース」の食物繊維による便秘改善への期待ってことがあったりします。

これらのような飲み物の成分はダイエットにも効果が期待がしやすくなるようなものだったりするんですが、1つ注意するポイントとしては、例えば、コーヒーだとミルクやシロップは使わない、炭酸水だと無糖の水と二酸化酸素だけの構成の物、野菜ジュースだとカロリーを気にするってことが飲み物を選んでいく中で注意するポイントになってきます。

なんで、飲み物は更にダイエットを加速させていくような、補助的な効果が期待しやすい成分が含まれた物を選ぶのがかなり効果的で、ダイエットにいいって言えるような飲みものになるなって思います。

摂取カロリーは常に意識が必要

それでもって、ダイエットを始めると、毎日、1日1日の摂取カロリーへの意識は必ず必要になってきます。

これは食べ物を選んで食べる時も、飲み物を選んで飲む時も、常に自分が摂取するカロリーは最低限パッケージの成分表を見て確認した上で、購入するようにすることが重要になります。

確かに少し手間ではあるんですが、この確認をして、毎日の摂取カロリーを消費カロリーよりも下回った状態をずっと続けていくと、基本的には痩せていくので、ダイエットには欠かせない一手間とも言えます。

ちなみに成人男性の最低限必要な消費エネルギーは1500kcal、成人女性は1200kcalって感じになっていて、これは安静時でも消費される最低限のエネルギーなんですが、それに合わせて、人それぞれの仕事や学校での生活環境で活動レベルが違うんで、その分の活動消費エネルギーってのもプラスアルファで加わってきます。

で、それを毎日、自分が食べ物や飲み物から摂取してくカロリー(エネルギー)が下回っていけば良いってことなんです。

筋トレと合わせるとどんどん痩せやすくなる

最後に1つダイエットに関して言うと、最初のほうでも話したように、筋肉が減ると、その分痩せにくい体に仕上がっていきます。

なんで、ダイエットして実際に痩せてもその後のダイエットもどんどん痩せやすい状態を作り上げるためにも、できる限りの筋トレも日頃の生活に取り入れていくと、よりダイエットが加速して、痩せるごとに痩せやすい体にも仕上がっていくんで、結果として後が楽になっていきます。

自裁に僕自身も筋トレもしていて、ダイエットをするといきなりストンっと体重が落ちたりするんで、かなり助かったりしてます。

ってことで、日頃の食べ物や飲み物の改善と合わせて、痩せたいからダイエットをしたいって人には筋トレもおすすめです。

おすすめの記事