タカヒロ_(hiro)
タカヒロ_(hiro)

タカヒロ_(hiro)です。

人は良くも悪くも欲の塊です。

痩せたいけど、食べたいし運動もしたくない、欲と怠慢の塊が人間だったりします。

そんな僕も食べるのは大好きです。

ずっと食べていたいですし、毎回ご飯を食べ終える度に、もっと食べる動作をしていたい、常に飯テロをしていたいってくらい食べるってことが好きなんです。

もうこれは、誰にも止められない欲求のように感じるレベルでつくづく人間のこうした欲ってのはすごいなって思ったりもします。

まぁ、とはいえ食べるってこと自体は人間が生きていく上で必ず必要なことでもあるんで、大切ではあるんですが、そんな中でも更に別の欲求で自分の見え方や自己満足のためにも、痩せたいって気持ちが出てきたりもするわけです。

でも、運動もしたくないし。

こんな考え方の状態で痩せるとなると、なんか悩んでしまいやすいですよね。

ただ、安心してください。

人間、食べたい、運動したくないって状態でも痩せることは全然可能だったりします。

ってことで、今回はそんな感情の中、ダイエットも考えている人に向けて、痩せるための最低限、意識するべきことや、痩せていく中で、スタイルをできる限り良い感じに仕上げていくために食事に取り入れるおすすめなアイテムを紹介しようと思います。

食べたい、運動したくない、それでもダイエットはできる?

食べたいし運動もしたくないけど、痩せたいんです。

結論を言うと、そうした考え方の状態でも痩せることは可能です。

ただ、痩せることは可能ですが、毎日暴飲暴食で運動もなし、となるとさすがに自動車のガソリンが走行もせずに補給ばかりしていると、タンクがいっぱいになってあふれ出てしまうのと同じで、人間の体も脂肪だったりで蓄積ばかりされて、逆に太り続けてしまいます。

それでも、食べたいし運動もしたくないって考え方の状態でも痩せることが可能な理由としては、最低限の過剰な摂取によるタンクのあふれを無くすための、意識さえあればそうした事態は回避することもできて、結果、痩せることも可能になってくるってことなんです。

ただ、食べるなら最低限の摂取カロリー意識が必要

食べたいって欲求は人間なら当たり前の感情です。

僕も毎日食べたい、食べたい、常に食べたいって思ってます。

隙あらば、なにか食べたい、そんな気持ちでいるわけなんですが、それでも痩せいってなると、最低限、1日のトータルの摂取カロリーを意識することは必要になってきます。

先程も言ったように、常に過剰に摂取し続けていると、どうしてもタンクから溢れんばかりに余ってしまうんで、そうなると太る方向にしか向かわないのが人間の構造です。

なんで、食べたい、運動したくない、でも痩せたい、そうした気持ちの状態で実際にある程度のダイエットを実践していくとなると、最低限の摂取カロリーだけ意識をすることで、痩せる方向に転換していくことは可能になります。

ちなみに基礎代謝という人間がなにもしなくても1日に最低限必要とされるエネルギー量(カロリー)として、一般的な成人男性で1500kcal、成人女性で1200kcal、とされてたりするんで、この程度のカロリーなら良しとして、それを超えてくると、後は、それぞれの1日の過ごし方、学校や仕事だったりでの活動量でも更に消費されるエネルギー量(カロリー)は変わってくるんで、そうした消費される量を最低限、意識するだけでも痩せるって方向に向かうことは可能になってきます。

僕も食べながら短期間で痩せたこともあります

実際に僕も食べながら、割り短期間でストンっと数キロ程度痩せていった経験もあります。

といっても3キロ程度なんですが、その間は最低限の摂取カロリーの意識だけで、あとは食べながら運動もせずに痩せていきました。

その時の体重の変化はこんな感じです。

期間は3~4日程度の短期間でだいたい3キロ程度痩せていきました。

なんで、この経験からも食べたい、運動したくない、でも痩せたいって気持ちの状態でも最低限の摂取カロリーさえ意識すれば痩せてはいくことは実感してます。

運動しなくても痩せるけど、運動するともっと楽になるだけ

で、僕の経験からもダイエット期間中に運動を取り入れなくても痩せる方向に向かわせていくことは可能になってくるんですが、そこに、もし、運動や筋トレを取り入れると、その後を長期的に考えた時に、もっと楽になっていって、今よりも痩せやすくなる可能性がグンっと高まるってだけの話なんです。

なんで、ダイエットだからといって、必ずしも運動・筋トレをしないといけないってことではないんですが、もし、余裕がある日があれば、そうした運動・筋トレも取り入れていくと意外とストレス発散になったり、汗かいて気持ちがスッキリしたりもして、いろんな面でも良い方向に向かう可能性も出てくるんで良かったりはします。

食べながら、運動せずに痩せるためのおすすめなアイテム

ってことで食べたい、運動したくない、それでも痩せたいって感情でのダイエットですが、ただ痩せるだけだと今回話したように、最低限、摂取カロリーを意識するだけでも痩せる方向に向かっていくことも可能になってきます。

ただ、実際に痩せていくと、脂肪以外にも元々ある筋肉量も減っていったりもするんで、脂肪はいいとして、あまりに筋肉量が減っていくと、痩せた時の見た目も意外とよくないものになってしまうこともあります。

そこで、できる限り、筋肉量は維持しつつ、痩せていくためにもおすすめなのが、食事にプラスして取り入れたりするプロテインです。

プロテインはただ筋肉が付くってイメージが強い人がかなり多いようなんですが、そんなことはなくて、あくまでも筋トレをしなければ筋肉が大きくなっていくことはほぼありません。

プロテインはいわゆる単なるたんぱく質ってことにもなるんで、むしろ体にとっては重要な栄養素になってきます。

そんな感じで、食べたい、運動したんくない、それでも痩せたい、そんな感情の中でもより見た目よく痩せていくためにも、最低限の摂取カロリーの意識と合わせて、プロテインを飲んだりしてタンパク質も補うとそうした感情の状態でもある程度は上手く痩せていくことは可能になってくるのでおすすめです。

おすすめの記事