タカヒロ_(hiro)
タカヒロ_(hiro)

タカヒロ_(hiro)です。

バルクオムはメンズ向けに広告されているスキンケア商品になってますが、男性だけではくて、女性までもが気になっている人がけっこういるくらいの商品です。

肌状態が気になる人は気になるスキンケア商品は早く試していきたいって思うはずですが、実際のところ、気になる商品でもどうしてもコスパも気になると思います。

というか、気になっている人多いようです。

確かに目安のようなことは公式にも出ていたりはしているみたいですが、実際使うとどれくらいもつのかってことはかなり気になっていると思います。

そこで、僕がバルクオムを使っていって実際のところ、どれくらいもったのかについて、気になって仕方がない人の参考になるように紹介していきます。

バルクオムの洗顔が実際にもった期間

僕がバルクオムを購入して実際にもった期間ですが、1つの洗顔で約1ヶ月半近くもちました。

ただ、これは最初の頃はたっぷり使うのが良いのか、試す意味でやたらと一回の洗顔料量を多めに出して使っていった末の期間なんで、実際に途中から量を調節していったのを最初からやっていたら2ヶ月はもっていたような流れだったと思います。

実際に最初の頃に試す意味で多めに出していた一回の量がこれです。

けっこうな厚みの洗顔料を出しているのがわかると思います。

この量で作った泡はこんな風になりました。

見事なモコモコ泡ができます。

まるで夏の入道雲のようなふっくらした泡ですよね。

で、それから調節していった後の量がこれです。

最初の頃の量と比べるとけっこうな量の違いがあります。

それでもってこのくらいの量でも十分にこんなにモコモコのふっくらした泡が大量に作れます。

こんな感じで、半月近くしてからは量を調節していったんで、そう考えると結果としては2ヶ月近くは1つの洗顔でもつ程になります。

今回、バルクオムを気になっていて、コスパのこともあってどれくらいもつかってのが気になる人に僕的なもつ期間を延ばすためのコツを先行してお伝えしようと思います。

購入したらすぐに試してってみてください。

ってことで、その僕的なコツなんですが、泡を作るときにとにかく空気をしっかりと入れ込んで、泡をふっくら作っていくことです。

というのも、先程の最初の頃に試しでやっていた量と調節後の量で作った泡はほぼ一緒な感じの出来具合で量も大差は無い感じになっていたと思います。

で、そもそも洗顔料の量が違うのにどうして出来上がる泡の量にほとんど違いがないのかっていうと、作る時の空気の取り込み具合にあると思ってます。

ちなみに、空気を入れるようにってのは、バルクオムを購入すると説明でも書いてある内容にはなるんですが、ホントにそこをしっかり意識してふっくらとした泡になるように作っていくと、けっこう少量でもめっちゃモコモコな泡は十分作ることができるんで、洗顔料が減りにくくなって、もちがよくなります。

僕が使用して感じたのは思ったよりもちが良い

ってな感じで、肌状態に悩んだり、 改善したいって思っている人でけっこう気になる人が多いバルクオム洗顔がどのくらいもつのかってことについて、実際のもった期間を参考に紹介していきましが、結果としてバルクオム洗顔は思ったよりもちが良いです。

正直、最初は見た目的にもけっこうパッケージ的に圧縮されている感じがあって量が少なく感じる分、もちも良くなさそうに僕は思ったんですが、今回紹介したような感じで使っていくと2ヶ月近くはもたせることは全然できるなってことに至りました。

まぁ今回のことは、僕が使っていく中での話なんで、参考程度に考えてもらえたらと思います。

↓↓約91%オフの500円から購入もできます↓↓

BULK HOMME

おすすめの記事