タカヒロ_(hiro)
タカヒロ_(hiro)

タカヒロ_(hiro)です。

玄米はなんとなく美味しくないとか、はたまた、健康だったり美容・肌にも良いってこともどこかで聞いたことあるって人はけっこういるようです。

実は僕は毎日玄米を食べていて、白米はたまに外食する時や弁当だったりを購入して食べる時に白米を食べるってくらいになってるくらいほとんど玄米ばかり食べてます。

元々、玄米をが食べ始めたきっかけってのは栄養が豊富とか、体に良いって聞いたことがあったんで、それであれば玄米を毎日食べようってことで、いつの間にか玄米ばかり食べるようになっていて、僕的にはめっちゃ美味くて申し分ないと思ってます。

まぁそんな玄米ですが、実際は美味しくないとかってこともけっこう聞いたことがあるんで、人によってさすがに好みは分かれるんだと思いますが、その味以外の部分で、健康や美容・肌にも良い効果が期待できるって言われているんで、その理由や僕がほぼ毎日玄米を食べる中で体感したことのある効果について話していこうと思います。

肌状態に悩みやすい人や改善したい人には玄米は良いかもですよ。

玄米が美容・肌に良いと言われる理由

そもそも、玄米って白米とほとんど変わらないような見た目をしたただのお米なのに、なぜ美容・肌に良いって言われるのか少し不思議ですよね。

もはや白米でも美容・肌に良い気がするけどって思う人もいるかもしれませんが、玄米には白米と違って、いくつかの栄養素が豊富に含まれて、それらが美容・肌に良い効果を期待できることに繋がってくるようになってる万能なお米なんです。

食物繊維で便秘改善効果が期待できる

食物繊維って聞くと、野菜だったりの緑系の食べ物に豊富に含まれているイメージが強い気がしますが、実は玄米にも食物繊維は豊富に含まれていて、そのおかげで便秘改善の効果も期待しやすくなります。

で、便通がよくなって腸内が綺麗になりやすくなると、体の外側にも影響してきて、肌状態も良くなる可能性が高まることにもなるんです。

ちなみに玄米は白米を精米する前の段階の状態で、そのお米の外側に付いている殻に豊富な栄養素が含まれているようです。

ビタミン類で肌への好影響が期待できる

玄米にはビタミンEやビタミンB1、ナイアシンといったビタミン類も含まれていて、肌だったり体内の老化現象は酸化によって錆が起こることで進行していくようになっているようなんですが、玄米に含まれているこれらのビタミン類は抗酸化作用っていう酸化を防ぐ力がけっこう強いってことがあって体から肌まで良い影響が期待できるってことが言われてるんです。

で、ビタミンB1やナイアシンは糖質だったりのエネルギー代謝にも関わってく栄養素でもあるんで、玄米で摂取した糖質をうまくエネルギーに変えて燃焼していきやすくなる可能性も高まるってこともあって一石二鳥なところもあったりします。

栄養素が豊富で白米よりも健康に良いと思う

玄米は言ってみればただのお米ですが、それにも関わらず、食物繊維からビタミン類までホントに豊富な栄養素が含まれていて、肌状態だったりに悩みやすい人にも良い影響、効果が期待できる食べ物だなって思います。

実際に、僕が毎日玄米を食べていてめっちゃ実感することとして便通がマジでよくなる感じを毎回体感してます。

玄米のような主食を食べるだけで、便通もよくなって、体から肌まで錆を防いで、良い影響を期待できる抗酸化作用が強めのビタミン類も豊富ってことで、健康に良いっていえますね。

ただ、そんな玄米でも一つ、フィチン酸ってのが影響して亜鉛のような肌にも良い効果が期待しやすい栄養素吸収を阻害しやすくて、結合して一緒に体外に排出されていきやすくなるってこともあったりする部分はあるんで、そのあたりは考えて亜鉛だったりも摂取していくこも肌にとっては大切で、多少気を付ける必要があります。

一日の食事に玄米を取り入れるだけなのでおすすめ

僕の場合は毎日、ほとんど毎食を玄米で過ごしていて、おにぎりにしたり、ふつうに茶碗に盛っておかずと一緒に食べたり、いろいろと玄米生活を楽しんでいるんですが、まだまともに玄米を食べたことが無いって人だと、味的なことだったりでいきなり玄米ばかりの生活にするのは抵抗があるって人も多いと思います。

ただ、玄米の良いところとしては、結局はただのお米なんで、一日の食事の中で一食だけでも白米から玄米に置き換えるってだけでも、いつも以上に食物繊維や肌に良い影響を期待できるビタミン類も多く摂取できていろんな面で良い効果を実感できる可能性は十分にあると思うんで、肌状態に悩みやすい人だったりで玄米が気になるって人はそういうペースで取り入れるのもおすすめだと思いますよ。

玄米もはまる人はホントはまると思うんで、これから玄米を食べ始める人でも、僕みたいにむしろ白米より玄米のほうが良いって感じる人もでてくるはずです。

おすすめの記事