タカヒロ_(hiro)
タカヒロ_(hiro)

タカヒロ_(hiro)です。

季節の変わり目はいろんなことで変化が現れやすくなってきます。

外の景色や匂い、日の長さだったりと自然の状態にも変化が大きくありますが、それらと合わせて、体調から、肌の状態まで人間の体に関してもなにかと変化が出てきやすくなったりします。

特に、秋になってくると、夏の極端に暑い日差しや気温からある日突然解放され始めてきて、気づけば肌寒いような空気感になってきますが、そのタイミングで、いつの間にか肌も乾燥しやすくなったなって思うことや、肌トラブルも増えたりして対応に追われるって人も、この秋って季節への突入のタイミングでは多いようです。

ちなみに僕は、割と乾燥しやすいタイプなんですが、ただ乾燥するタイプではなくて皮脂も出たり、混合系と言われるような肌タイプにはなってきます。

いろいろとスキンケアもかなり意識するようになってからは、前のピークだったような頃とかと比べると、だいぶ改善されていきた感じにはなってますが、それでも、少し油断してるとすぐに肌が乾燥したりで、なにかと大変だったりします。

そんな秋への移り変わりにも起きやすい乾燥による肌トラブルですが、かゆみが発生しやすくなったり肌荒れになってきたりと厄介なことではあります。

なんで、そうした秋への季節の変わり目のタイミングで乾燥による肌トラブルで悩みやすい人に向けて、その原因や対策方法について話していこうと思います。

秋になると肌が乾燥してくるのはなんで?

ってことでまずは、夏の暑い時期は大丈夫だったのに、なぜ秋になってくると肌が乾燥してくるのかって原因について、大きな理由を紹介していきます。

空気の乾燥による原因

秋へと季節が変わっていくタイミングで大きく変わることの1つに空気の乾燥ってのがあります。

これは単に外の自然の空気の乾燥が進んでいくってこともあるんんですが、夏のとんでもない暑さを乗り越えた後にやってくる秋という季節は意外と突然で、一気に肌寒く感じやすくなってきます。

これはまさに気温のギャップです。

で、一気に肌感覚が寒くなってくることで、自宅や移動中の電車やバス、仕事場、お店だったりのあらゆるところで、万人の肌感覚に合わせて暖房というマシンが起動し始めていきます。

そうした肌寒さを補うために暖房があらゆる、密閉された空間で起動し始めることで、ほとんどどこにいても空気が乾燥しているような状態になってしまいます。

そんな感じで、どこへ行っても空気が乾燥したような状態が続いていくことで、次第に常に空気に触れている肌のような表面的な部分がどんどんその空気の乾燥にやられて、肌自体も乾燥を引き起こしやすくなってきます。

いわば砂漠のような状態になるってわけなんですが、その砂漠のような乾燥状態が原因で肌の防御機能のようなものが働き始めて、皮脂が過剰分泌されることで、毛穴詰まりからニキビだったりの肌トラブルも発生しやすくなってしまうことに繋がってくるんです。

水分の摂取量減少による原因

もう1つ秋に移り変わっていくタイミングで全体的な過ごす空気が変わるってことに関連して変化していくことがあります。

その変化ってのは水分の摂取量が減少していきやすくなるってことです。

秋になる前の夏の段階では、当然暑すぎてどうにもならないレベルだったりするんで、脱水症状だったりを防止するためにも、まめに水分補給はしたりすると思うんですが、その極端に暑い夏が終了して、なんとなく肌寒さを感じ始める秋になってくると、無意識的に水分の摂取量が減少していきやすくなったりします。

というか、暑くなくて、特に運動をして汗をかいたりしているような場面でなかったらなかなか積極的に水分をガンガンとっていくってことにはなりにくいんですが、その極端に暑かった夏から秋になるとホントに水分の摂取量は気づくと減少してしまいやすかったりします。

で、摂取する水分量が減ることで、体内の細胞だったりに補給されるような水分も減少することになるんで、結果的に体の外側の肌という表面的な部分にまで、その水分不足による影響がでてきやすくなってきます。

それが原因で肌が乾燥もしやすくなってくることにもなるんですが、そうした体の内側からの水分不足、乾燥のしやすさが更に、外で常に乾燥している空気とのコラボでより乾燥肌になりやすくなってくるようになるんです。

そうすると、肌の乾燥によるかゆみが発生しやすくなることや、肌の防御機能が働きやすくなることで、皮脂の過剰分泌による肌トラブルも増えやすくなるってことにもなってきます。

秋はまだ保湿しすぎにも注意が必要

って感じで、秋になってくるタイミングではあらゆるところでの空気の乾燥、必要性が減ることでの水分摂取量の減少が特に大きく関係してきて、肌の乾燥やトラブルも引き起こしやすくなってくることにもなるんですが、だからといって、乾燥対策のために保湿をいきなり極端にしていくと、これもまた返って保湿し過ぎで良くない状態になってしまう可能性もでてきます。

秋の後は、まだ冬というホントに乾燥のピークを迎える季節が待ち構えてるんで、秋は肌寒いとはいうものの、まだ温かさや場面によっては多少汗ばむこともあると思うんで、保湿は程々にしていくほうがいいです。

なんで、秋は汗もかきやすい夏よりはスキンケアでの保湿を強化しつつ、水分も意識的に積極的に摂取していくことで、外側の空気による乾燥も防ぎつつ、内側からも摂取した水分による潤いで乾燥を防いでいくというような対策方法が大切になってきます。

おすすめの記事